HOME歩みと沿革

歩みと沿革

   
 2012年11月12日 運転手安全講習会
 2012年06月20日 プロミス(株)金銭管理セミナー 
 2012年06月 「絆」再生事業開始
 2012年05月28日 Kings 優勝報告
 2012年05月18日 もちつき大会
 2012年 緊急宿泊事業継続 更生緊急保護継続
 2011年10月22日23日 第7回しあわせコンサート 述べ2000人もの人々が入場した。魅川憲一郎がスペシャルゲストとして招かれた。 
 2011年9月29日 与那原町遺骨収集事業開所式
 2011年04月11日 東日本大震災による沖縄県内避難者受入母子支援ハウス「ゆいまーるの杜」を恩納村希望ヶ丘にあるペンションを利用して受け入れ支援を行った。 沖縄県にある様々な支援団体と連携・協力した。
   
 2011年03月11日 東日本大震災 
   
 2011年 農業に参入。自立支援としてリハビリの場となる。(3500坪の野菜を栽培)
 2011年 朝日のあたる家に入居する生活困窮者が100名を超える。
 2010年10月23日24日 第6回しあわせコンサート 述べ1000人もの方々が入場した。 かぐやひもがスペシャルゲストとして招かれた。
 2010年 独立行政法人福祉医療機構WAM.NETによる助成事業[ホームレス自立・居宅確保・就労支援事業]を実施した。(2010年10月~2011年3月末まで) 
 2010年 [沖縄県ホームレス巡回相談事業]を委託される。
 2009年 那覇市委託事業『真嘉比地区遺骨収集事業]により、多くのホームレス者、生活困窮者が就労した。戦後処理と自立支援を兼ね備えた事業として広く認められた。 
 2009年 エデンハウスに入居する生活困窮者が100名を超える。 
 2009年06月21日 希望の光ホームレス・社会的弱者自立支援チャリティーコンサート「希望の光」
喜納昌吉、上原令子がスペシャルゲストとして招かれた。
 2009年04月06日 NPO法人格を取得。NPO法人プロミスキーパーズ設立。
   
 2008年09月15日 リーマン・ショック(Lehman Shock) 世界的金融危機
   
 2008年  西原町に「エデンハウス」を設立(入居者は約80名)
 2005年 那覇市の公園巡回を奥武山公園、若狭公園など巡回範囲を拡大。 
 2004年 第1回しあわせコンサートを開催。 (約500人の方が参加)
 2004年 もっと幅広く支援を行うためにNPO団体を立ち上げる。 運営資金確保と自立支援を目的に軽作業、アルミ缶回収、古紙回収などを皆で行い、互いに支え合って活動。
 2003年 公園巡回(与儀公園を中心に)を始める。(受入者数は30名になった。) 
 2000年 沖縄ベタニヤチャーチ(教会)で、行き場を失くした方を受け入れる。
このページのトップへ